はじめに㈠ 古墳の数㈡ 東三河の地理と古墳の立地㈢ 古墳時代研究の先覚者たち㈣ 本書の目的と古墳時代の年代一 古墳時代前史㈠ 東三河の弥生時代㈡ 環濠集落の出現と争いの時代㈢ 三遠式銅鐸の時代㈣ 首長の出現二 古墳の出現と豊川流域の三つの地域㈠ 古墳の出現㈡ 前方後方墳と前方後円墳㈢ 豊川流域の三つの地域三 古墳時代前・中期の東西三河㈠ 前期古墳の低調な東三河㈡ 西三河の前期古墳㈢ 正法寺古墳と三河湾㈣ 東三河の在地的な古墳㈤ 中期前半の円墳に見る、畿内との関係四 三河の王墓・船山一号墳㈠ 突然現れた大型首長墓㈡ 発掘調査で明らかになった偉容㈢ 後続する首長墓五 穂国と古墳時代後期の並び立つ首長たち㈠ 東三河を象徴する「穂国」とは㈡ 各地域に並び立つ首長と古墳の変容㈢ 金銅装製品とヤマト王権㈣ 横穴式石室の導入と展開㈤ 寺西一号墳六 穂国造の墓・馬越長火塚古墳㈠ 馬越長火塚古墳の「発見」㈡ 公開されなかった発掘調査㈢ 若手研究者たちの注目㈣ 発掘調査で明らかになった偉容㈤ 見瀬丸山型前方後円墳と棘葉形杏葉の評価㈥ 後続する首長墓│大塚南古墳と口明塚南古墳│㈦ 文献に現れる、二つの「穂国造」七 後期古墳の動向に見る地域の特性㈠ 豊川市北東部地域㈡ 豊川市南西部地域㈢ 豊橋市北部地域㈣ 豊橋市東部地域㈤ 奥渥美湾沿岸地域㈥ 渥美半島㈦ 奥三河八 渡来人の足跡・積石塚古墳㈠ 積石塚古墳とは㈡ 朝鮮半島と日本列島の積石塚古墳㈢ 東三河における積石塚古墳の具体相㈣ 析と評価㈤ 渡来人と積石塚古墳九 終末期古墳と古代寺院㈠ 前方後円墳の終焉と古墳の薄葬化㈡ 東三河の古代寺院㈢ 連合体制から中央集権国家へおわりに

はじめに
㈠ 古墳の数
㈡ 東三河の地理と古墳の立地
㈢ 古墳時代研究の先覚者たち
㈣ 本書の目的と古墳時代の年代
一 古墳時代前史
㈠ 東三河の弥生時代
㈡ 環濠集落の出現と争いの時代
㈢ 三遠式銅鐸の時代
㈣ 首長の出現
二 古墳の出現と豊川流域の三つの地域
㈠ 古墳の出現
㈡ 前方後方墳と前方後円墳
㈢ 豊川流域の三つの地域
三 古墳時代前・中期の東西三河
㈠ 前期古墳の低調な東三河
㈡ 西三河の前期古墳
㈢ 正法寺古墳と三河湾
㈣ 東三河の在地的な古墳
㈤ 中期前半の円墳に見る、畿内との関係
四 三河の王墓・船山一号墳
㈠ 突然現れた大型首長墓
㈡ 発掘調査で明らかになった偉容
㈢ 後続する首長墓
五 穂国と古墳時代後期の並び立つ首長たち
㈠ 東三河を象徴する「穂国」とは
㈡ 各地域に並び立つ首長と古墳の変容
㈢ 金銅装製品とヤマト王権
㈣ 横穴式石室の導入と展開
㈤ 寺西一号墳
六 穂国造の墓・馬越長火塚古墳
㈠ 馬越長火塚古墳の「発見」
㈡ 公開されなかった発掘調査
㈢ 若手研究者たちの注目
㈣ 発掘調査で明らかになった偉容
㈤ 見瀬丸山型前方後円墳と棘葉形杏葉の評価
㈥ 後続する首長墓│大塚南古墳と口明塚南古墳│
㈦ 文献に現れる、二つの「穂国造」
七 後期古墳の動向に見る地域の特性
㈠ 豊川市北東部地域
㈡ 豊川市南西部地域
㈢ 豊橋市北部地域
㈣ 豊橋市東部地域
㈤ 奥渥美湾沿岸地域
㈥ 渥美半島
㈦ 奥三河
八 渡来人の足跡・積石塚古墳
㈠ 積石塚古墳とは
㈡ 朝鮮半島と日本列島の積石塚古墳
㈢ 東三河における積石塚古墳の具体相
㈣ 析と評価
㈤ 渡来人と積石塚古墳
九 終末期古墳と古代寺院
㈠ 前方後円墳の終焉と古墳の薄葬化
㈡ 東三河の古代寺院
㈢ 連合体制から中央集権国家へ
おわりに

自費出版をお考えの方

自費出版をお考えの方

お客様のご希望とご予算をうかがった上で最も合った作り方を一緒に考え、ご提案いたします。まずはお気軽にご相談ください。
  • 自分史
    小説
    エッセイ
    旅行記
    詩集
    句集
  • 短歌集
    専門書
    絵本
    写真集
    画集
    コミック
  • 記念誌
    遺稿集
    社史
    学校・大学教材
    研究所
    論文 など

お問い合わせ
電 話 0533-75-6301 ファックス 0533-75-6302
メール info@sinpri.co.jp お問い合わせフォーム
株式会社シンプリ(Sinpri Co.,Ltd) 〒442-0821愛知県豊川市当古町西新井23番地の3
株式会社シンプリ内